Print Print This Page
 

オンライン・システムの導入

 

Jokowi大統領が主導する“統合ワンストップサービス”を来年1月から開始すべく最終準備中であるが、それに先駆けオンライン・システムの本格的な導入が始まった。

オンライン化に就いては、投資申請を予定する会社は求められる必要書類を提出する為の“フォルダー”の設置が義務付けられていたが(11月17日及び12月1日付け発表)、

12月15日の対外公表により下記の11種類の許認可申請が全てオンライン・システムのみで受け付けられることになった。

これは投資申請手続きがより迅速に、分かり易い形で処理される事に加え関連省庁の許認可もBKPM許認可に統合して行く事を目的にした“統合ワンストップサービス”開始に向けた手続き合理化のワンステップである。

 

対象となる許認可:

  1. Principle License 
  2. Principle License Merger
  3. Principle License Change
  4. Principle License Expansion
  5. Business License
  6. Business License Merger
  7. Business License Change
  8. Business License Expansion
  9. Foreign Representative Office
  10. Import Duty Exemption on Machinery
  11. Import Duty Exemption on Good

(輸入業者登録(API)と外国人就労許可(ワークパーミット)は除く)