Print Print This Page
 

新タックスホリディ制度(財務大臣令2015159

 

  • 優遇内容:生産開始後5-15年間に亘り、10-100%の料率で法人所得税免除。

        (期間については案件の重要性に鑑み5年の延長が許され最長20年間まで認める。)

  • 対象業種:パイオニア産業として、製鉄・金属、石油・石化、機械、再生可能エネルギー、通信機器の5業種限定であったが、今般大きく拡大され、精錬・製鉄など金属の上流工程、石油精製、原油・天然ガスを原料とする有機化学、産業用機械、農業・林業・漁業関連の製造業、通信・情報・IT産業、輸送機械、PPPスキームに含まれない経済インフラ、経済特区(SEZ)立地限定での基本的な製造業と9つのカテゴリーが発表されている。
  • 最低投資額:従来は全ての対象業種に関し1兆ルピア(現在レートで約80億円)以上であったが、新カテゴリーの内、通信・情報・IT産業でハイテク導入が認められれば半分の5000億ルピア以上とする例外条項が追加された。
        和文 英文  イ文
      財務大臣令2015159

     815kb