Print Print This Page
 

2019-5-17

各位

BKMP-JICA Japan Desk/中村

新着情報 2019年第一四半期インドネシア投資実績

第一四半期の投資実績が4月31日に発表されましたので投資実績の概略 下記の通りご報告いたします。

1. 第一四半期だけの数字の推移を見ると、大統領選キャンペーンの影響にて前年比FDIがドルベースで11%減少した。

   1) 2019年Q1 DDI+FDI 総投資額 : IDR195.1 Trillion

          総投資額2018年1Q比  : IDR9.8 Trillion 増(5.3% Up)

   2) 2019年 1st Q FDI 実績(ドル)  :USD7.2bil

     2018年比              :USD0.9Bil 減(11% down)

      但し、ルピアベース0.9% down

2. 2019年Q1 DDI+FDI セクター別投資

    1位Transportation, Warehouse, and Telecommunication (Rp 37.3 trillion, 19.1%),

    2位 Electricity, Gas, and Water Supply (Rp 33.2 trillion, 17.0%),

    3位Construction (Rp 19.5 trillion, 10.0%),

    4位 Housing, Industrial Estate, and Office Building (Rp 18.8 trillion, 9.7%),

    5位 Mining (Rp 15.1 trillion, 7.7%)

3. 2019年Q1DDI+FD島別投資

   1) Sumatera Island is Rp 35.7 trillion (18.3%), consists of Rp 21.1 trillion of DDI and US$ 1.0 billion of FDI.

   2) Java Island is Rp 109.3 trillion (56.0%), consists of Rp 46.8 trillion of DDI and US$ 4.2 billion of FDI.

   3) Kalimantan Island is Rp 21.4 trillion (11.0%), consists of Rp 12.9 trillion of DDI and US$ 0.6 billion of FDI.

   4) Sulawesi Island is Rp 14.0 trillion (7.2%), consists of Rp 3.5 trillion of DDI and US$ 0.7 billion of FDI.

   5) Bali and Nusa Tenggara is Rp 5.2 trillion (2.6%), consists of Rp 2.2 trillion of DDI and US$ 0.2 billion of FDI.

   6) Maluku and Papua is Rp 9.5 trillion (4.9%), consists of Rp 0.7 trillion of DDI and US$ 0.6 billion.

4. 2019年Q1国別投資ランクは大きく変動

   1位 シンガポール USD1.7bil

   2位 中国     USD1.1Bil

    3位 日本     USD1.1Bil

    4位 マレーシア  USD0.7BIL

    5位  香港    USD0.6Bil

    8位  韓国    USD0.27bil

    中国の投資の内、USD0.6BILはバンドン新幹線絡みである。また、   マレーシアからの投資はLotte-Taitanの石油化学関連投資が大幅増。

5. 2019年Q1 FDI 地域別投資

1位 West Java (US$ 1.7 billion),

2位Special Territory of Jakarta (US$ 1.0 billion),

3位Central Java (US$ 0.8 billion),

4位Banten (US$ 0.5 billion),

5位Riau Islands (US$ 0.5 billion).

6.2019年Q1日本よりの投資

1)2019 Q1 :USD1134MIL(2018 Q1 USD1362mil)

2) 2018年Q1比 : USD228Mil 減(17% down)

3)2019年Q1 セクター別投資

1位 Electricity, Gas, and Water Supply(USD675MIL)

2位 Real Estate, Ind. Estate & Business Activities(USD203mil)

3位 Non Metallic Mineral Industry(USD71mil)

4位 Motor Vehicles & Other Transport Equip. Industry(USD52.5MIL)

5位 Rubber and Plastic Industry(USD52.5mil) 電力関係の投資が60%を占めた。

7. 選挙結果確定後のBKPMの予想される動き及び課題

1)OSS経済調整府よりBKPMへの移牒にともない、BKPM令の発表

2)ネガティブリストの改定

3)選挙の影響のため2019年上半期投資実績は大幅増は見込めないように思うが、ユニコーン企業を含めたIT関連への投資は引き続き拡

大が継続するものと思われる。

4)尚、繰り返しになるが、輸出産業の誘致が今後のインドネシアの大きな課題で新しい施策の必要性につき、政府内でも議論され

ている。

8.詳細分析については、Japan Desk 2019年第1四半期(1-3月)分析   ご参照賜り度く。

以上.