Print Print This Page
 

2019-7-31

各位

BKPM-JICA Japan Desk

中村

新着情報 2019年上半期(1-6)インドネシア投資実績

インドネシア投資実績の発表が7月30日に行われましたので、外国投資、 国内投資、日本国よりの投資動向等の内訳を弊事務所WEB SITE「統計」に掲載いたしましたのでご参照下さい。また、投資実績のトッピクスにつきましては、 下記の通りご報告いたします。

【2019年の上半期(1-6)実績 FDI+DDI】

世界的に保護主義の台頭、大統領選挙の影響により2019年上半期の外国投資家のインドネシアへの投資センチメントに悪影響を与えていると思われる。

2019年上半期の投資実績は、外国投資(FDI=Foreign Direct Investment)と国内(DDI=Domestic Direct Investment)の合計で IDR 395.6Trillionとなり、目標に対する進捗率は49.9%に至る。 なお、FDIの進捗率は44%、DDIの進捗率は59.3%となる。

2019年上半期(1-6)のルピア建てセクター別FDI+DDI           【2019年第二四半期】

            1位 運送・倉庫・通信(IDR71.8 T, 18%)     【IDR34.5 T 17.2%】

            2位 電力・ガス・水(IDR56.8T. : 14.4%)      【IDR23.6T 11.8%】

            3位 建築(IDR32.0 : 8.2%)                        [ N/A]

            4位 食品産業(IDR31.9 : 8.1%)                [IDR17.2T 8.6%]

            5位 住宅・工業団地(IDR31 T.:7.8%)             [N/A]

 

2018年通年のFDI+DDIの運送・倉庫・通信分野への実績は約IDR100Tであり、2019年上半期の投資が大きく伸びている模様。

【2019年上期(1-6)国別ドル建てFDI実績】          【2019 第2四半期)】

             1位 シンガポール 34.3億ドル           【17.1億ドル】

             2位 日本      23.6億ドル                【12.2】

             3位 中国      22.9億ドル                【11.3】

             4位 香港       13.1億ドル                 【7.3)】

             5位 マレーシア  10.4億ドル                【3.4】

             6位 オランダ    7.38億ドル                【3.7】

             8位  韓国      5.4億ドル                【2.7)

【日本よりの投資】

  (2019年上半期)

    1) 日系企業のセクター別投資(USD23.5億ドル)は、電力・ガス・水関連事業への投資が49%を占め、自動車・2輪関係が14%と続く。

    2) 2019年上半期 地域別投資は、中部ジャワ57%、西ジャワ28%、ジャカルタ特別州10%となった。

  (2019年第2四半期)

   1) 日系企業のセクター別投資(USD12.2億BIL)は、電力・ガス・水関連事業が51%を占め、自動車・2輪車が26%と続く

   2) 2019年第2四半期地域別投資実績

      1位 中部ジャワ州(6.8億ドル : 55%)

      2位 西ジャワ (4.4億ドルl : 35%)

      3位 Jakarta特別州(0.8億ドル: 7%)

 【新しい動き及び今後課題】

   1) OSSシステムVersion 1.1及びそれに伴う新しい規定の発表は、8月中にある見通し。

   2) インドネシア経済調整府、BKPMは、FDIによる投資拡大の為、Negative list改定を真剣 に議論されている模様なるも、未だ発表に至らず。

      (新内閣の発表を待つ必要ある可能性あり)

   3) インドネシア政府は、電子商取引・観光関連の投資拡大を期待している。とりわけ、アリババ・テンセント・グラブといった中国・シンガ

      ポール企業の投資が急激に伸びているといわれている。日本企業でもソフトバンク、三菱商事のIT関連事業への投資が 発表されている。

   4) 日本は電力関連の投資の比率が高く、製造業の誘致が大きな課題となろう。

   5) 中国は新幹線、スラウェシ島でのニッケル精錬事業が動き出し投資金額が大幅に 増加中。

以上